ユニオスエデュケーターにとって一番大切なこと

投稿日:

こんにちは、桃子です(*^▽^*)

 

さて、先日告知した

UE(ユニオスエデュケーター)

養成スクールについて

多くの方にご興味を持っていただき

ありがとうございます!

 

お問い合わせやお声かけ、

受講のお申し込み、

順次頂いております。

 

本当にありがとうございます(*^^*)

 

さて、今日は

「UEにとって一番大切なものは何か」

というお話をしたいと思います。

 

 

カリキュラムの説明の中では

「本来お客様が持っている

答えを一緒に探す」とか

「お客様だけの特性や死角を

第三者の視点から教える」とか

「お客様の可能性を

誰より信じて一緒に待つ」とか

「お客様ご自身で

生きていける力をつける」とか

あれこれお話しましたが…

 

結局のところ

一番大切なのは

『楽しむこと』

だと私は思っています。

 

 

ここでちょっと私の話をさせてください。

 

 

私は今現在、

いわゆる悩みの解決や相談を

ほとんど仕事にしなくなりました。

 

それでは現在私のサロンでは

どういう人を

お客様としているかというと

「一人でも大丈夫だけど

誰かの助力でもっと

スピードアップできる人」

「そこまで深刻に

悩んでいないけど、

自分の可能性を

もっと開放したいと

思っている人」

「スピリチュアルの世界や

私に純粋に興味があり

遊びたいと思ってくれている人」

という方を対象にしています。

 

運動で例えると

「今ももうそこそこいいタイムを

出しているけど

さらに縮めたい人」

「タイムを縮める作業自体を

遊びのように楽しめる人」

「走るのが好きで、

走ることそのものを

もっと楽しみたい人」

を対象にしているような感じです。  

 

 

私もかつていわゆる

「悩める人」の助けになりたいと

お仕事していた時期もあったのですが

途中で

「悩める人は、心の深い部分で

悩むこと自体を楽しんでいる」

ということを深く

実感するようになりました。

(※これはあくまで私の主観です。

もし「そうではない」とあなたが

お考えになった場合は

あなたのその主観を

大事にしてくださいね!)

 

 

そして、

自分のセッションは

そういう方が

より一層悩みを刺激的に感じるための

スパイスになってしまっている

場合があるのではないか…

と、気付くに至ったのです。

 

そして同時に

「まだ悩みたい人の

悩みを取り上げようとすることは

かえって

相手に対して失礼だし、

迷惑なことだ」

とも感じました。

 

また、

「私がセッションで

相手をよい方向に

向かわせるお手伝いをするのは

言ってみれば『ごっこ遊び』

みたいなもの。

 

私が相手を助けているわけではなく

相手が

『人の可能性を引き出したい』

という私の遊びに

善意で付き合ってくれて

『可能性を引き出される役』を

してくれている。

 

むしろ遊んでもらっているのは

私の方なんだ」

という感覚を持つようになりました。

 

悩みがあることも

ないことも

それぞれ娯楽であり、

悩み続けるのも

手放すのも

変わり続けるのも

全て娯楽です。

そこに優劣はありません。

 

「幸せであるかどうか」

という尺度は

自分の主観に過ぎなくて

人は

どんな状況にあったとしても

その時のその人が

一番自分の趣味に合う

楽しいことを選んでいるだけのことだ、

と考えるようになった時、

私は

「それなら私も純粋に

楽しいと思える人だけ

相手にして、

趣味として仕事をしよう」

と思ったのでした。

ブログでも宣言しました)

 

時々こういう仕事をしていると

人間的に立派な人だと

思われることがありますが

そうではなく

私はただの「可能性解放オタク」

なのです(笑)

 

そして私は今

「もっと可能性を

伸ばす遊びがしたい。

自分以外の誰かと

相互に進化すれば

一人でやるより

もっともっと面白い」

 

と思っていて

 

その価値観が

一致するお客様と

もっと高度な遊びをしたい!

 

そしてそんな提供者を

たくさん育てて

みんなで遊びたい!

 

と強く思っているのでした。

 

自分一人でも

可能性は解放できますし、

人は放っておいても

開花することができます。

 

そしてどんな人生を送ろうと

皆かけがえのない人であるという

事実は変わりません。

だけど、

自分以外の誰かに

心から信頼して

受け入れてもらった時…

 

誰かの可能性の開放を

目の当たりにした時…

 

そして

 

自分の可能性を伸ばすことを

楽しいと思えた時…

 

人は驚くようなスピードで

驚くような内容の

解放を起こすことができます。

 

また、解放の際は

誰に影響されるかも

非常に大事になってきます。

セッション場面では

提供者✕お客様の

組み合わせによって

化学反応が起こり

そのペアリングでしか

起こりえない変化が

必ず見られるのです。

 

そこで私は

「この仕事を独り占めしているのは

もったいない!

私と全然タイプの違う

提供者を世に出すことができれば

私が解放できないものも

他の人が開放してくれるはず。

そうなると

どんどん世の中が

面白くなっていくに違いない!!」

…というように思ったのです。

 

 

また、セッション場面としても

『使命や義務感でなく

開放や過程そのものを楽しむ』

ということは非常に大切です。

 

使命感や義務感で仕事をすると

合理性や結果を追い求めて、

時に大切なものを

切り捨ててしまうことがあります。

でも、

純粋に「その場を楽しむ」ことをすれば

一見意味のないものも

ぶかっこうにみえるものも

かけがえのないギフトとして

拾い上げることができます。

 

すると

 

どんな形のものも

受け入れることが

できるようになりますし、

両者がただただ好奇心のままに

伸びていけるようになります。

 

 

楽しむことは受け入れること。

 

受け入れることは引き出すこと。

 

それが私なりの「教育」なのです。

 

 

とはいえ。

 

 

物事を本気で楽しむためには

気持ちだけでは不十分です。

 

土台に確かな知識や技術が

必要だとも私は考えています。

 

例えばサッカーをするときにも、

「うまくなりたい!!」と

強く思って見よう見まねで

ボールを蹴るよりも、

 

ある程度練習を重ねて

ドリブルができるようになった後

そして

どんな風に蹴ったら

蹴りたい方向に向かうのか…

どんな風にパスを回すと

相手が受け取りやすいか…

という知識を知ってからの方が

ずっと上手にプレイができて

きっと楽しくサッカーが出来ますよね。

 

不要なケガもしなくて済むはずです。

 

UE養成スクールは

そのあたりの

「知識」や「技術」も含めて

しっかりと鍛えるためのスクールです。

 

そして、

私にとってはこのスクールは

「生徒さんの可能性を解放する」

という意味で

これまでのセッションと

何にも変わらないんです(*^^*)

 

 

もうすでに魅力的な生徒さんが

続々と集まってくださっています。

 

スクールでどんな面白いことが起こるのか。

今からスクール後、

皆さんがどうなっているのか。

ほんっとうに楽しみです!!

 

可能性を解放する遊び、

楽しいですよ!!!!(^O^)/

 

 

さて、マゼンティークでは

通常セッションでも

ガンガン解放を

お手伝いしておりますので

気になった方は

お気軽にご連絡くださいね。

(ただいま、8月中旬ごろまでご予約が

ほとんど埋まってしまっております。

とはいえ、

必要な場合はご予約がきちんととれる形に

宇宙が采配してくれますので、

「もしかしてセッションしどき?」と

気になった方はどうぞ遠慮せず

お気軽にご連絡くださいね!)

●ユニオスエデュケータ養成スクールについてはこちら

●新月のお話会(7/21)もまだ募集してます♪

 

マゼンティークは

必要なあなたからのご連絡を

いつでもお待ちしております(*^^*)

 

 

☆ブログの更新通知がメールで受け取れます。
新しい記事がアップされるとメールでお知らせが届きます。
登録も解除もワンクリックです(*^^*)

ご登録はこちら↓

 

-

Copyright© 札幌のスピリチュアルサロン「マゼンティーク」 , 2020 All Rights Reserved.