ABOUT

 

マゼンティークはあなたが
「自分の可能性を解放して、自分を楽しむ
そのためのサロンです

 

はじめに

マゼンティークのホームページへようこそ!神代桃子と申します。

ここは、スピリチュアルサロンでありながらいわゆる霊視や鑑定をしない、ちょっと変わったサロンです。

私、神代桃子は霊能者としてスピリチュアルサロンを自営し、もうすぐ4年になります。ちなみに、その前は10年ほど公務員をしていました(この経歴、よく驚かれます 笑)。

霊能者として仕事を始めた頃は、いわゆる「霊視でのアドバイス」もしていました。しかし、自分自身の経験も踏まえると、霊視で答えを得るだけでは、根本的な解決にならないことが多いのです。「悩みを解決するのではなく、根本的にご本人の幸福度が上がるために、自分は何をするべきか」をずっと考えてきました。

本当にするべきは、見えない世界から答えをもらうことではない。自分自身の本音を聞き、自分の頭で考えて、行動できるようになること。そして、自分の本音がうまく聞けない時にはそのための対策や工夫を持っておくこと。端的に言うと「自立して生きること」ではないか。

そう考えた私は、スピリチュアルの力を用いて、それを効率的に行うにはどうしたらよいのか、あれこれ模索や検証を続けてきました。そして、私は独自の「自立して生きられる力を鍛えるメソッド」を行うようになりました。

多くのお客様の可能性に触れて思うこと、それは、「自立」の力が付けばつくほど、その人本人の本来の力が呼び覚まされていくということです。言ってみれば、自立する=『眠っていた可能性が解放されていく』ということに気が付いたのです。

本当に自立した人の力はすさまじいものがあります。単に本人が自由にのびのびと生きられるというだけではありません。         

枯れることなく愛や豊かさが溢れていく。問題が起こっても自分も相手も犠牲にせずに向き合うことができる。何かをしようとしなくても、その姿勢そのものが、人を励まし、刺激し、そして周囲の人もひとりでに自立していく。

そんなものすごいパワーがあるのです!

さて、プロとして多くのお客様の可能性に触れてきた中で、私は、可能性を解放するために、次の3つが必要だという結論に至りました。

【可能性の解放に必要なこと】

①自分が無意識にかけている制限(※ブロックと呼びます)を自覚して手放すこと
②自分の特性を知り、それに合った物理的な工夫をすること
③『制限を外した状態の自分』の運転に慣れること

 

もともとは個別セッションにてこの3つのサポートを中心にしてきましたが、現在は以下のことを中心に提供を行っています。

当サロンでは、チャネリングやヒーリング技術の扱い方などもレクチャーしていますが、そのあたりは、基本的な内観技術を身につけたスクール卒業生のみを対象としています。

詳しくはブログやメニュー等をご参照くださいませ(^^♪

(2021.8記)

 

代表:神代 桃子(かみしろ ももこ)

 

霊視をしない霊能者/プロ内観士

30代女性、既婚、2歳男児の母。

紹介マンガはこちら(^^♪

略歴

幼少期からいわゆる「霊感」があり、物心ついたときから、高次元の存在と話をしたり、未来に起ることを予知したり、相手の具合の悪い箇所などを当てることができた。

しかし、7歳くらいの頃から、次第に繊細過ぎる感性と霊能力とうまく付き合うことができなくなっていき、それから霊能力をコントロールできるようになるまでの15年余り、慢性的な心身の不調や様々なトラブルと生きにくさを抱えて生きてきた。

また、その一方で霊能力を用いて多くの人の相談に応じるようにもなっていく。「人の相談に乗る技術」に興味を持ち、大学の心理学科に進学し、認定心理士の資格を取得。

以後は公務員となり、様々な心理療法の勉強をしながら、福祉系の業務に10年近く従事。障害支援等の業務(特に精神障害をお持ちの方の支援)に主に携わり、心身に障害や疾病・悩みを抱える人々との相談などに多く応じる。

しかしその傍ら、どうしても『頑張っているのに幸福感が少ない、人生がうまくいかない、歯車がかみ合っていない』という思いに苦しむ。そのさなかに、自分の本音を見つめる「ブロック解除」「内観」に出会う。

内観により『自分が自分の人生を主体的に生きていなかった』ということを自覚し、『自分の責任で自分の本音を聞いて生きる』ことに徐々にシフトしていく(その時期についてくわしく書いたブログ記事はこちら)。

自尊心を鍛え直すうち、自分らしく生きることと可能性を解放することの楽しさを知る。また「ただ闇雲にスピリチュアルを使うだけでは人は幸せになれない」ということを痛感。

「依存にならず、真に自立して自分を生きるために役に立つスピリチュアル」の研究を始め、2017年にサロン開業。これまで相談に応じた件数は延べ5000件以上。

資格

認定心理士/社会福祉主事/児童指導員/和パステルアート準インストラクター/セルフエスティームTouch協会ベビマセラピスト

好きなものやこと

温泉・スピリチュアル・潜在意識・内観・喋ること・分析すること

特技

映画や小説の台詞の丸暗記、包装されたプレゼントの中身当て

当サロンの扱う「リアスピ」とは

当サロンがスピリチュアルとして扱うのは「リアリスティック・スピリチュアル(リアスピ)」。

フワフワしたなんとなくのもの、気休めのものではなく、『実用的でわかりやすく、ご本人の生活の役に立つ』ことを前提とした、理論的なスピリチュアルです。

リアスピ5原則

①【実用的であること】
現実世界をよりよく生きるため、実用的なものであること

②【宗教色がないこと】
特定の宗教や信仰、思想によらないものであること

③【再現性が高いこと】
検証を重ね「条件を満たせば誰でもできるもの」になるべく近づけること

④【具体性が高いこと】
明確でわかりやすい行動指針につながること

⑤【個別性に即していること】
その人の状況や、タイプや、タイミングなどに適したものであること

「MAGENTIQUE(マゼンティーク)」の名前の由来

MAGENTIQUEとは

「magenta(マゼンタ)」
     ×
「unique(ユニーク)」

を掛け合わせた造語。

「マゼンタ」は
「無条件の愛情」。

「ユニーク」は
「唯一のもの」という意味。

どんな存在も、
それぞれに異なる
「唯一の形」を持っています。

当サロンの目指すところは…

「唯一の存在である
”自分”の本来の形を
思い出し、
そのありのままの形を
愛して楽しみ尽くす」

そんな生き方です。

お客様が
そうなるための
お手伝いをしたい!

そして

このお仕事を通して
私自身もそうありたい!

そんな願いを込めて
この名前をつけました。

自分の『好き』を、
もっと楽しむために…

もっと自分に合った形で
生きるために…

そしてなにより

あなたが、
あなただけのやり方で、
人生をもっともっと
楽しむために!!

「本気で自分を遊びたい」

と思った時は…

マゼンティークに
どうぞ遊びに
いらしてくださいね。


更新日:

Copyright© スピリチュアルサロン「マゼンティーク」 , 2021 All Rights Reserved.