ユニオスエデュケーターになります!!

更新日:

こんにちは、桃子です(^^♪

突然ですが、肩書を変えることにしました。

これまで私はずっと

霊能者(スピリチュアルアテンダント)を名乗ってきたのですが

これからは

「ユニオスエデュケーター(unios educator)」

を肩書にしようと思っています!

 

『えっ?ユニオスエデュケーターって何? (・・?』

と思う方ばかりだと思います。

 

ということで今回のブログでは、

「ユニオスエデュケーター」とは何か

という話をさせて頂きます!

 

ちなみに、8月頃から開校予定のスクールも

「ユニオスエデュケーター」を養成する

スクールになる予定ですので

(募集予告【詳しくはこちら】も、

たくさんお問い合わせ、大感謝です。

今月中には細かい告知をする予定ですので

もう少々お待ちくださいね!!)

スクールが気になっている人は

是非お目通しくださいね。

まずは単語の説明から(笑)

○ユニオス

ラテン語の「unios(単一)」。

「唯一無二」や「固有」という意味の

「unique(ユニーク)」の語源。

もともと上質な大粒の真珠を表している。

○エデュケーター

educateは教育のこと。

語源はラテン語で

「既に内にあるものを引き出し、

開花させる」という意味。

という感じです。

もともと私はスピリチュアルを使ってはいましたが

セッションなどを提供する中で

自分の軸のど真ん中は

「スピリチュアルというよりは

可能性を引き出すということにあるなあ」

といつも考えておりました。

「『お客さまはもうすでに

能力も魅力も可能性も答えも

何もかも持っている』という前提で…

その力を引き出すために

ヒントを出したり、必要なスキルを鍛えたり

一緒に考えたりしながら…

ただ相手を信じ、

受け止め、

『それ』が芽を出すのを待つ」

それが私の仕事内容の中心でした。

 

「ユニオス・エデュケーター」は

セッションやセラピーやボディへの施術など

あらゆる「対人」へのスキルを通じて、

お客様が本来持っている「可能性」を

引き出すためにお手伝いする仕事…

と言えると思っています。

 

そして「可能性」を引き出すために

必要なことは…

正解を与えるということではないのです。

 

私の好きな中国のことわざに

『ある人に魚を一匹与えれば、その人は一日食える。

魚の取り方を教えれば、その人は一生を通して食える。』

というのがあります。

悩みや問題や困りごとがあるたびに、

霊視やスピリチュアルで正解をお伝えするのは

いうなればこの「魚を与える」ということと同じ。

困るたびにスピリチュアルを使わなくては

飢えてしまうようになってしまうわけです。

対して、

「魚の取り方を教える」…

これは、

「お客様が自分で自分の本音を聞けて、

自分の頭で考え、自分のために行動できる」

そうなれるようにお手伝いをするということです。

 

相手の可能性を引き出すというのは

『ご自身ですでに備わっている

そういった「生きる力」をもっと強めて

自立して楽しい人生を送れるように

お手伝いをする』

ということでもあるのです。

 

つまり、ユニオス・エデュケーターの仕事は

× 決まった答えを与えたり、悩みを解決してあげる

× うまくいくマニュアルを教える

× 提供者が色々解決してあげる

…のではなく!!

 
〇もともとお客様が持っている答えを一緒に探す

〇お客様だけの特性や死角を第三者の視点から教える

〇お客様の可能性を誰より信じて一緒に待つ

ということなのです。

 

そう言ったことを通して

お客様が

・自分の本音が聞ける

・自分の頭で考える

・自分で行動できる

・自分の特性を知り、自分に合ったやり方で生きられる

・自分や好きなものや大事な人たちを大切にできる

・自分の能力をのびのび活かして自由に生きられる

というようになっていくわけです。

 

ユニオスエデュケーターはこの

「お客様本来の力を信じて、

それを引き出す」ことを最優先にします。

ですから

たとえお客様が現実に困っていても、

不安で仕方がない時であっても

「ここでセッションをお受けすると

自分の力で考えることができなくなる」と判断した時には

迷わずセッションをお断りしてきました。

スピリチュアルの力をあえて使わずに

お話させていただくこともたくさんありました。

不安で仕方ないお客様に

時には厳しい言葉を投げかけることが

必要な時もありました。

 

私も人間ですから、

正直心が痛むことも沢山ありました。

自尊心が育っていない状態のお客様は

私のそういった振る舞いを

「拒絶だ」と感じることもままあるからです。

 

『私がこんなに困っているのに

神代さんはどうして助けてくれないんだろう、冷たい。』

今まで、そう思ったお客様もきっと多いのではと思います。

 

私も一人の人間ですから

「こんなに不安に思っているのを見ているのは辛い。

いますぐこれを解消してあげたい」

と思うこともありました。

「スピリチュアルで答えを与えて感謝されたい。

この人に必要とされて、すごいと思われたい」

と感じることもありました。

 

でも、私の仕事は魚を与えることでは決してないのです。

 

たとえその場でお客様に理解されなくても

長期的な視点で見た時に必ず役に立つと思ったことを

いつも選んできたつもりです。

 

よく思われたいとか、見ているのが辛いとか

そんな私のエゴで

お客様の可能性の邪魔をするわけには絶対にいかない。

大丈夫、この人は絶対にできる人だ。

 

踏ん張る必要のある時には

そんな気持ちでいつも仕事をしてきました。

そしてたくさんのお客様が

私のその気持ちに応えてくれるかのように

「自分の力で変わっていく姿」を

たくさんたくさん私に見せてくれたのです。

心が震えるような喜びを感じる瞬間でした。

 

私は本気で思います。

この仕事は世界で一番幸せな仕事です。

 

お客様の可能性に立ち会うたびに

こちらの可能性も引き出され

互いに高めあい自由になっていく…

 

誰に似せる必要もなく

優劣も特定の正解もなく

ただ可能性と可能性が

互いを解放しあう世界。

 

ユニオスエデュケーターが立つのは

そんな無限の世界です。

 

途方もなく美しく広大で

でもワクワクと遊び心に満ちていて

暖かくて優しくて

でもちょっと間抜けでへっぽこな部分もある

そんな飽きない景色がいつも見られる最高の世界です。

 

今、世の中は転換期を迎えています。

たくさんの大人たちが

重荷をおろして

眠らせてきた可能性を目覚めさせる時期。

たくさんの繊細な子供たちが

世の中のバランスや

人間らしいあり方の

スタンダードを変え始める時期。

地球や人間そのもののあり方が

大きく塗り替わり始める時期。

 

私のような仕事をする大人が

たくさんたくさん必要になってくるのです。

 

「ユニオスエデュケーター」を育て、たくさん世に出したい!

 

そんな思いでスクールの準備をただいま進めています。

 

お客様に唯一無二であることを望むわけですから、

ユニオス・エデュケーター側も

いつも自分らしく唯一無二である必要があります。

 

師匠のやり方が絶対で

それをコピーしてその通りにやる…

というようなスクールではなくて

 

本人にしかない魅力や

本人の特性に合ったやり方

本人の魂が心から喜ぶようなメニューと、

本人がやりたくて仕方なくなるようなお客様像を

見つけ出すお手伝いを中心に

スクールを進めていく予定です。

他にも

・内観の基礎を学べる

・接客やセッションに必要な最低限の技術を学べる

・チャネリングや高次の世界についてを学べる

・開業に関する現実的なビジネス知識を学べる 

・同じ目線の仲間ができる

というような形のものになるようにと

試行錯誤&愛情とワクワクをこめてただいま準備中です(^^♪

 

どうぞお楽しみにお待ちくださいね!!!!!!

最後の方がっつり宣伝になっちゃいました(笑)

 

あ、そうそう!

通常セッションやヒーリングの方も

受け付けておりますので

ピンときた方は是非遊びにいらしてくださいね!!

マゼンティークは

必要なあなたのお越しを

いつでもお待ちしております(^^♪

☆ブログの更新通知がメールで受け取れます。
新しい記事がアップされるとメールでお知らせが届きます。
登録も解除もワンクリックです(*^^*)

ご登録はこちら↓

-

Copyright© 札幌のスピリチュアルサロン「マゼンティーク」 , 2020 All Rights Reserved.