好転反応について

更新日:

今回は「好転反応」についての詳しいご説明を致します。

当サロンで提供しているメニューを受けていただいた後には「好転反応」が起こる場合があります。

好転反応とは

ワーク後などに起こる「一時的な心身の不調」のことです。ワークを通して、それまで抑圧されていた「ネガティブなエネルギー」「毒素」「膿」などが出てきていることにより起こります。
基本的には、出るに任せて安静に過ごせば落ち着いてゆき、落ち着いた後は以前より状態が良くなることが多いです。

好転反応の理由の例

・ブロックやトラウマを浄化したことにより、溜め込んでいた古い感情やエネルギーが出てきた。
・安心したことなどにより緊張が解け、抑圧していたネガティブなエネルギーが出てきた。
・波動が上がったことや、スピリチュアル的な回路を用いるようになったことにより、抑圧されていたネガティブなエネルギーが出てきた。

好転反応の例

だるい、体が重い、眠い、ぼんやりする、
体に痛みが出る、フラフラする(酔っ払っているような感じ)
イライラする、落ち込む、悲しくなる、涙が出る、
過去の出来事が異様に気になる、周囲の音や匂いなどに過敏になる
発熱、湿疹や蕁麻疹が出る、対人関係での大きな変化…等

好転反応が出る期間

人によって様々ですが、1~3日で収まることが多いようです。
トラウマなどは大きなものだと、数週間以上かかることもあるようです。

対応について

・具合の悪い自分や不調を、なるべく否定・批判・抑圧せずに受け入れる気持ちで過ごす。
・「具合の悪さが出切るまで待つ」つもりで、回復するまでゆったり休む。
・お水(お茶などではなく)をたくさん飲み、涙や汗や排泄物は積極的に出す。
・体や自分に対して「よしよし、こんなに苦しかったのに我慢して黙って耐えてくれてたんだね、ありがとう。もう怖いのを出しても大丈夫だからね、安心だからね」というように声をかけてあげる。
・大事な予定は入れないで、なるべく刺激の少ない穏やかな環境で過ごす。
・回復を焦ったり抑圧しようとすると、また体に押し込めてしまうため、穏やかな気持で過ごすようにする。
・物理的な発熱や体の痛みなどについて心配があれば「病院や治療院などに行って物理的な治療をする」のも有効。
・眠いときにはなるべく眠る。

  *

なお好転反応に関しては、私の方でもある程度エネルギーを引き受けて代わりに消化しております。
ワーク後などにもしご心配なことがありましたら、都度ご相談をくださいませ。

-

Copyright© 札幌のスピリチュアルサロン「マゼンティーク」 , 2020 All Rights Reserved.