「チャネリング講座」を受けたけど最近全然練習してなくて…というお客様へ

投稿日:

かつてチャネリング講座を受けてくださったお客様から、久しぶりにお会いした時、「最近全然練習してないんですよね(;´Д`)」と申し訳なさそうにお話していただくことが時々あります。

が、安心してください、全然大丈夫です!!(^O^)/

チャネリングの練習に関しては「絶対続けてやらなきゃいけない」ということはありません。レッスンでは「こういう練習をしたら効率的に上達しやすいよ、毎日やった方が上達は早いよ」という情報はお伝えしていますが、その情報をどう使うかはご本人次第です。また「練習してないけど、レッスンに来るだけで楽しかった」というのであればそれはそれでとっても意味のあることだと思います。

また、人にはそれぞれ学びのリズムがあります。チャネリング以外にやるべきことがある時だってありますし、「しばらく高次の人たちとつながらない方が、人生の学びとして効率がいい」というような時期もあります(また、「がっつり練習しまくって繋がれるようになった後でも、しばらくチャネリングせずに長期間寝かせる」みたいな時期があった方が効率的な場合もあります)。なので、やるべきことや他にしたいことがあると考えた時は、どうぞそちらを優先してみてください。やらなかったといって衰えるようなものではありませんからね(^^♪

チャネリングは楽しく練習するのが一番です。練習するのであれば「楽しくできるな」「やりたいな!」と思えるときにだけでOKですので、自分のペースでやってみてくださいね♪

また、時々「都合のいい時だけ頼って普段話しかけなかったり、練習すると言って結局しなかったりしているから、高次の人たちが怒ってるんじゃないかな…(;´Д`)」と心配される方もいらっしゃいます。
これに関しても心配はご無用です。チャネリング講座でつながるようにご案内したガイドさんたちは、そういうもろもろも含めて練習相手を快諾してくれていますので、そのようなことで気分を害したり怒ったりはしません(そもそも、ガイドさんたちは基本的にものすごく気長で寛容なので、めったなことでは怒りません^^)。
どうしても心配なら「練習しない私に対して怒っていますか?3次元的にわかる形で合図やメッセージをください」とお願いして、何らかの合図が下りてくるのを待ってみましょう。

また、チャネリングの練習をしなくても、講座を受けて「こういう世界があるんだな」「こういう人たちがいるんだな」「こういうルールになっているんだな」という理解を少しするだけで、抵抗が手放せたり彼らとの距離がかなり近くなっている部分があります。そういうわけで講座のあとは「直感が働きやすくなった」「合図らしきものが受け取れるようになった」「根拠はないけどなんとなくこうかな、というようなことが少しわかるようになった」という方も多いです。

そういうわけで、いちいち「練習練習!」と考えて手順に沿ってチャネリングをしなくても、気が向いたときに「なんて言ってくれていそうかな?」と考えたり、「どこかに合図はないかな」と探してみたり、「○○についてどう思いますか?3次元的にメッセージをください」とお願いしたりすることもできますよ。気が向いた時には気楽にやってみてくださいね(*´v`)

-

Copyright© 札幌のスピリチュアルサロン「マゼンティーク」 , 2020 All Rights Reserved.