「気持ち」と「行動」だけでは足りないの?

投稿日:

望みを叶えるためにはどうなりたいかを意図するのは大切ですが、その反面「気持ちだけではどうにもならない」ことが宇宙には多く存在します。

例えば、熱中症になって倒れてしまった人がいたときに…「直れ〜直れ〜」と祈りを捧げても、相手に「気をしっかり持てば大丈夫!」と言ったとしても…良くなるわけありませんよね。

本当に目の前の状況を変えようと思ったら…
①「相手を助けたいという気持ち」【意思】
②「倒れている原因が熱中症だとわかる」【状況の分析】
③「熱中症にはどう対応したらいいか知っている」【知識】
④「解決策を行動に移せる」【行動】
…という部分が必要不可欠なのです。

さて、このように熱中症で例えると当たり前のように思えることですが…スピリチュアルなど見えない世界のことになるとどうも「願っていれば大丈夫」「とにかく強い気持ちで行動すれば大丈夫」となんとなく考えたり、うまく行かないと「やっぱりスピリチュアルなんて効果がないんだ」となるような方も多いように思います。

ですが「こんなに頑張ってるのにうまくいかない」という場合は、この【分析】と【知識】をすっとばして、とんちんかんな行動をとっている場合がとても多いのです。

実はこの【分析】と【知識】…これこそが本来、スピリチュアルがもっとも得意とする範囲です。

時々「自分がどうすべきか」という意思を高次に決めてもらいたがる人がいますが、そもそもこの世に絶対の正解はありません。どうすべきかという【意思】はあなたが「どうしたいか」で決めること。それは外部から得られる情報でなく、あなたの内側にしかないことなのです。

ですが、それさえしっかり持てれば、高次の世界はあなたの価値観を超えた範囲での【分析】と【知識】を与えてくれます。その上でとる【行動】は必ずあなたを必要な場所へ連れて行ってくれるんですよ(^^)

さて、というわけで当サロンのカウンセリングは
①【意思】→自分の本当にしたいことをよりはっきりさせる
②【分析】→あなたがいまどういう状況にあるかをお知らせする
③【知識】→どういう方法が有効かという選択肢をお伝えする
…ということを主に行っています。

「④【行動】」がありませんが…それは当然です。なぜなら他でもないあなた自身がしっかりやるという部分ですからね☆

気持ちの整理やリセット、今後の作戦会議が必要な時には是非お越しくださいね。当サロンは必要なあなたのお越しをいつでもお待ちしております(^^♪

-

Copyright© サロン「マゼンティーク」 , 2021 All Rights Reserved.