うちのサロンが霊視をしない理由~「当てて欲しい」と思っているあなたへ~

投稿日:

うちのサロンは一般的な霊視をしていません。

私の定義する『霊視』とは…「当ててもらうためのスピリチュアル」「自分以外の人について聞くためのスピリチュアル」です。

(※注:他のスピリチュアルの人の「霊視」と恐らく定義が違います。世の中の霊視が全てこれではありません)

もっと具体的に言えば

・彼氏はできますか?
・いつ結婚できますか?
・この人は運命の人ですか?
・この仕事をすれば成功しますか?
・私の使命は何ですか?
・○○はどうしたらいいですか?

…という「特定の正解を教えてもらいたい」というものと

・家族が幸せになるためにどうしたらいいですか
・もっとみんなに喜ばれる自分になりたい
・○○に貢献するためにはどうしたらいいですか
・家族や恋人にこういう問題があるのを辞めてもらいたい
・家族のこういう願いが叶わないのはなぜですか

…というような「他人軸」に基づくものです。

誤解のないように先にお伝えしておきたいのですが、私はこういった質問を低俗だと思っているわけでは決してありません。ただ、これらの質問にお答えすることが、私の「自立してご自分の人生を生きていただく」という理念にマッチしないのです。

 

まず「当ててもらうためのスピリチュアル」について。

未来予知というのは、所詮「このまままっすぐ行ったらこうなる確率が高いよ」という話に過ぎません。にもかかわらず、予知の情報を得てしまうと、それに縛られてしまって、自分らしく生きるための自由度が格段に下がるのです。

例えば結婚したいのに「結婚できませんよ」と言われた場合。

「結婚したい」のなら取る手段はいくらでもある場合が多いのに、多くの人は霊視を受けると「できるかできないか」を先に確かめて…つまりは「出来そうかどうか」というリスクを確かめてから行動をしようとします。

これだと自分の気持ちではなく、強く言ってしまえば「損得」を第一優先にして動くようになってしまうので、人生の自由度は非常に低くなります。また、できる可能性があるのに「出来ないと言われた」と自ら呪いにかかりに行ってしまう場合もあります。

『自分を生きる』という観点からすると、『まず「どうしたいか」を自分で決める。そしてその手段をスピリチュアルで得る』というのがベストだと私は考えていますが、その順番の前後を間違えてしまうと、自由に生きるための支障でしかなくなってしまうと思うのです。

また、「自分以外の人について聞くためのスピリチュアル」について。

これも前者とよく似ているのですが…まず他の人のことを聞いている時点で、その人は「自分の幸せを他の人に任せている」状態になっているわけです。

強く言えば「あなたが幸せでないと、私は嬉しくないから、何としても幸せになってもらいますからね」という無言のコントロールですね。

自分が人をコントロールしていると、自分もまたコントロールされるので、いつも周りに振り回されたり、他人の事情で自分が思う通りにできないというような現実が引き寄せられてきます。

そのコントロールを自分から手放さなければ自由にはなれませんが、そこで霊視によって「あの人はこういう状態だから」「これをしたらうまくいきますよ」と聞いてしまうと、さらにその人に干渉できる大義名分が出来てしまうわけです。

私はこれをあまりいいことだとは思えません。他者のためにというのは必ずしもエゴだとは思いませんが、「相手がどういう状態だろうと、自分は自分で独立した幸せを感じて居られる」というのがなければ、人は本当の意味で自由にはなれないからです。

私個人としては「他人のことが気になる時ほど、それにかまけず「自分はどうしたいのか」を見つめるべき」という考えのもと、自分の本音を聞くためのセッションを提供しています。

つまり、この二種類の質問は、悪いというよりは『お金を払ってわざわざ自分の自由度を下げに行っている』というようにしか私には見えず、自分が提供することに価値を感じないのです。

ただし。

この理念は私の個人的な価値観に基づくものなので、誰にとってもベストなものとは考えていません。

だからこそ、『霊視はしません』『うちはこういう理念です』『こういう人だけ来てくださいね』と繰り返しお伝えしているのです。価値観の合わない方には、その方に喜んでいただけるものが提供できず、それだとお互いに時間もお金もとてももったいないと考えるからです。

さて。

この3年あまり、「霊視はしません」「そういう場合は力になれません」ということをご説明するこ
とに、私は非常に膨大な時間をかけてきました。ご予約を頂いた際に、ご説明してお断りすることもあれば、セッションの中でお伝えすることもありましたし、同じ方に繰り返しお話することもありました。ブログでも折に触れて何度も説明しております。

にもかかわらずやっぱりそういうご相談をお受けすることがいまだにあります。

これをお伝えすることが私の仕事のうち(セッションのうち)であると考えていたので、粛々とやって参りましたが、もうそろそろこの役目も手放してもいいなと考えるようになりました。

ご連絡をいただけること、とてもとてもありがたいことと理解しておりますが、今後は、このようなご予約のご依頼があった場合はこれまで通りお断りするとともに、ご説明に代えてこちらのブログをご案内させていただくことに致します。どうぞご了承くださいませ。

重ねてのご説明になりますが、

「霊視をしてもらいたい」ということ自体は何ら悪いことではなく、そのお気持ちを否定するものではありません。ただ、私の提供したいスピリチュアルのスタイルに合わないというだけのことですので、どうぞご理解ください。

「うちはカレー屋です、ラーメンが食べたい方は別のお店で食べてくださいね、あなたが悪いわけではないですよ」みたいなことです。

私は誰の自由も奪うつもりはないのです。どうぞご理解いただけますと幸いです。

なお、

今まではそうだったけど、これからは「自分の本音を聞いて、それを優先したい!なにがあってもやるぞ!」と決めたあなたのお手伝いならば喜んでさせて頂きます!!(*^▽^*)

ただ、ウチはもう神様しかお客様にしませんので、それも踏まえたうえで来てくださいね(笑)

どうぞよろしくお願いいたします(^^♪

★YOUTUBE好評配信中

チャンネル登録はこちら

☆ブログの更新通知がメールで受け取れます。
新しい記事がアップされるとメールでお知らせが届きます。
登録も解除もワンクリックです(*^^*)

ご登録はこちら↓

 

-

Copyright© 札幌のスピリチュアルサロン「マゼンティーク」 , 2020 All Rights Reserved.