「当てない」霊能者のサロンです

投稿日:

時々「すごくよく当たるって聞きました」と言って来てくださるお客様がいます。とてもありがたく思うのですが、実は私はあまり「当たる」ということは重視していません。

霊能者にとって「当たる」ということは、役者さんでいう「外見の美しさ」に似ていると思います。役者さんも見た目がカッコイイに越したことはないかもしれませんが、結局大切なのは「演技力」や「存在感」だったりします。また、役によっては見た目のカッコよさがかえって演技の邪魔になってしまうときもあるでしょう。

同じように霊能者も「当たるかどうか」よりも、むしろ大切なのは「その人のためになるかどうか」だと思っています。

私にとって「その人のためになる」とは、「その人が自分の頭で適切に考えられるようになる」ことをいいます。

なので、その方のためにならないと思ったことは降りてきてもあえてお伝えしないこともあります。ご本人が人生の本筋から離れていると感じた時も、今はそうすることが必要な時期だと思えば、あえて指摘したりしないこともあります。また、ガイドもガイドで、その方がご本人のためになると考えた時には、私に嘘をつくこともあるのです(例えば『「仕事がすぐ見つかるよ」と伝えたら、自分の生活を見直さないから「なかなか見つからないかもね、しばらく休めば」と霊能者に伝えてもらおう』…みたいなことです)。「自分の力で歩けるようになる」ためには、当たることが邪魔になる時もあるからです。

何もかも完璧に言い当ててくれる霊能者は確かに「すごい」のかもしれません。でも私は、『霊能者がすごい、スピリチュアルがすごい』よりも『自分ってすごい』に行きついていただきたい、と思ってお仕事をしています。あなたはスピリチュアルや霊能者の”ご利益にあずかる”ような、添え物のような存在ではありません。あなたの人生の主役はスピリチュアルではなくあなたなのです。

だからといって特別な自分になる必要はありません。ありのまま、不安なまま、悩みのあるままの自分でいいのです。その「普通のあなた」の能力や持っている素晴らしさを最大限に引き出すために、私はこのお仕事をさせていただいています。

なので、もしも「当たる」ということを最重視したいという方は、どうぞ他の霊能者の方に見てもらってください。きっと他にもっと満足できる霊能者の方がいらっしゃると思います。

当サロンがお役に立てるのは「本当の私を掘り起こす」「自分を生きる」ということに興味があって、自分一人では届かないところに手を伸ばしたいという方です。一人では心細くても、神代と高次の仲間が、あなたに寄り添って心からのお手伝いをさせていただきます。ピンときたタイミングがあったときには、どうぞいつでもマゼンティークにご連絡下さいませ。

マゼンティークは必要なあなたのお越しをいつでもお待ちしております(*^^*)

☆ブログの更新通知がメールで受け取れます。
新しい記事がアップされるとメールでお知らせが届きます。
登録も解除もワンクリックです(*^^*)

ご登録はこちら↓

-

Copyright© 札幌のスピリチュアルサロン「マゼンティーク」 , 2020 All Rights Reserved.