見返りを求めて何が悪い!~損得勘定をやめたいあなたに~

投稿日:

人が自分のことを「自分は小さい人間だ」と感じて責めたり自己嫌悪に陥ったりする時には、一定のパターンがあると私は思っています。特に、以下のように感じて自分を責めるということは、とっても多いのではないかなあと思います。

・見返りを求めてしまう自分がイヤ
・下心で動いてしまう自分がイヤ
・損得勘定をしてしまう自分がイヤ
・相手より自分を優先したり、自分さえよければいいと思ってしまう自分がイヤ
・人を広い心で許すことができない自分がイヤ
・ずっと同じことを引きずってしまっている自分がイヤ
・人からよく見られたいと思って、いいカッコをしてしまう自分がイヤ
・欲の深い自分がイヤ

でもね、声を大にして言いたいのですが、このようなことは、なんら人として恥ずかしいことではありません!!

なぜかというと、こういうことが起こるのは「自分の中が満たされてないから」なのです。

要するに「損したくない!」「もっと認められたい!」「みんなからわかりやすいイイモノをもらいたい!」という気持ちが起きるのは、自尊心が満たされず「お腹がすいているから」。内なる自分が「このままだと餓死しちゃうよ…」というサインを送ってくれているに過ぎないのです。

にもかかわらずこれを「自分は醜い」と責めてしまうというのは…、言ってみれば自分の中の小さな子供が「お母さん、お腹すいたよおおお!!( ノД`)」と泣いているのに、「うるさい!みんないる場所で騒ぐんじゃない!みっともない!(# ゚Д゚)」と怒っているようなものなのです。

お腹がすくと落ち着いていられないのは自然なことですし、「誰かの分を奪っても」「人の食べ物を盗んででも」と思うのも無理はありません(食べないと死んでしまいますからね)。むしろ、食べ物をあげていないのに「おいお前、何勝手に腹すかせてんだ!」と責め立てる方が…とっても理不尽だと思いませんか?(笑)

なのに、不思議と人は「じゃあ満たしてあげよう」という過程をすっ飛ばし、ついつい「みっともない!我慢しなさい!」となってしまいやすいのですね。

でも、「空腹」を否定しても根本的な解決にもなりませんし、自分をどんどん痛めつけるだけです。そういうわけで、冒頭のリストに思い当たるフシのある方はぜひ、「見返りを求めて何が悪い!!(「見返りを求めて」の部分には好きな言葉を入れてください)」とすぐに大きな声で言い(←これ重要)、自分の空腹を肯定してあげましょう。そして「自分で自分を満たすこと」に取り掛かってください。他の人に埋めてもらおうとしてはいけません。なぜかというと「最終的には自分で自分を満たすことでしか空腹は埋まらない」ようにできているからです。

自分で自分を満たすことに関しては、これまでもブログにあれこれ書いて参りましたが、①自分の声をよ~く聞く②溜め込んでいる「辛かった思い」を感じなおしてあげる③自分が満足することを自分にどんどんしてあげる…ということに尽きます。

「うーん!頭ではわかるんだけど、うまくできない!どうしていいかわからん!(~_~;)」という方は是非サロンに遊びにいらしてくださいね。「気づきと手放しのワーク」にてお手伝いしております。しっかり①・②をすることができますし、「自分の声を聴くってこういうことか」「思いを感じるってこういうことか」という部分を、深ーいレベルで実感していただけるはずです。また、日常的にそれらができるようになる癖をつけるためのヒントを盛りだくさんお伝えしておりますよ(*´v`)

-

Copyright© 札幌のスピリチュアルサロン「マゼンティーク」 , 2021 All Rights Reserved.